応援するチームのユニフォームを着てサッカー観戦

機能性を重視したサッカーのユニフォーム選び

サッカーのユニフォームを選ぶ際にはどのようなことを重視したら良いでしょうか。例えば、サッカーシャツを選ぶときに重視すべき項目は、間違いなく素材と襟の形です。素材が異なれば汗を吸収してくれる素材なのかなど、シャツの着心地も異なりますし肌触りも異なります。汗を吸収しにくい素材であるならば、中にインナーを着ないとプレーに集中できなくなってしまいます。襟の形は、デザインの上でも着心地にも影響を与えます。風が強い場所で襟がついているとパタパタとはためいてしまうので、プレーの邪魔にななる場合があります。しかし、襟があるとデザイン的には非常にカッコよくなりますので、そのバランスを考えることが大切です。襟の形にも様々な種類がありますので、好みのデザインのものを選択すると良いでしょう。

こだわりを持って素材を選ぶことが大切です!

ユニフォームの素材には色々なものがあります。まず、汗を吸収する素材かどうかを確認しましょう。汗を吸収する素材であれば、スリムな形にしてもベタつかず快適にプレーをすることができますが、汗を吸収しない素材でスリムな形を作ってしまうとベタついてプレーに集中できなくなります。汗を吸わない素材は中にインナーを着る必要があるので冬向けの素材です。また、素材に伸縮性があるのかどうかも重要なチェック項目です。プレー中に服を引っ張られた際に伸びる素材であれば対応できますが、伸びない場合には引っ張られると捕まってしまいますし、最悪の場合破れる場合もあります。このような理由から、ユニフォームの素材を選ぶ際にはこだわりを持って、自分のチームのプレースタイルに合わせた素材を選択することが大切です。

襟の形はプレーにも影響を与えます!

襟付きのサッカーの試合着を作る際のポイントは、襟の形にも注意しましょう。プロのチームのシャツの襟を見てみてください。チームによって全く異なる印象を与えませんか?襟の形というのはシャツのデザインに大きな影響を与えるパーツです。襟付きのもの以外にも、丸ネックのものを選んだり、Vネックのものを選んだりすることができますので、チームのイメージに合わせて選択すると良いでしょう。中でも襟がついたデザインのものは非常にスタイリッシュな印象を与えるシャツに仕上げることができます。チームの戦術が運動量重視の場合には、走ったときに邪魔にならない襟なしのデザインがおすすめです。どんなデザインを選ぶにせよ、自分たちのチームに合ったものを選ぶようにすることが大切です。