応援するチームのユニフォームを着てサッカー観戦

意外と種類が多いサッカーのユニフォーム

サッカーのユニフォームを作る際、その種類が意外とあることに驚く人も少なくありません。ある程度色も形も種類が決まっている中から選択していくものもあれば、デザインを自由に表現できるもの、生地の組み合わせや襟の種類、プロのチームや代表チームが着用するものなどその種類は多岐にわたります。実際にどの種類にするか、値段の面やデザイン面、こだわりなど様々なことが考えられますが、こうしたものは実際に着用してプレーをする人たちの意見をまとめて作られていくことになります。色々な注文などが飛び交うことが予想されており、プロのようなものにするのか、それとも安さを重視して行うのか、そのあたりのことをしっかりと考えたうえでこれらのものを作り出していくことが必要です。

大量に作るならシンプルなものがおすすめ

少年サッカーのユニフォームなど、大勢に着用してもらうようなケースの場合、デザインよりも値段にこだわったものを追い求めるケースがほとんどです。このため、プロに似せるのはカラーぐらいのものであり、襟の大きさや形状などにこだわることがない場合にはシンプルなものがおすすめとなります。生地のカラー、デザインなどは決まった種類の中から決めることになります。デザインが決まっているとはいえ、どのタイプも何かしらの機能を持たせているケースが多く、例えばカラーリングで個性を出したい場合や普段から着用してもおしゃれに見せたい場合など色々とあります。カラーリング1つでプロっぽく仕上げることもできれば、プロよりもセンスのいい配色で印象を良くしていくことも可能になります。

フルオーダーなら自由度も高くできる

オーダーをして完全オリジナルで作成する場合、サッカーのユニフォームのデザインや配色を決めることができ、多くの人が納得するものを生み出すことができますが、かなり仲のいい仲間で考える場合、デザインなど細部にこだわって作る人もいます。そうした時におすすめなのがフルオーダーによるものです。フルオーダーとなれば、例えば白い生地にデザインとなる画像をプリントアウトし、それで完成させるということもできるようになります。また裁縫の技術によって大変奇抜なデザインのものを完成させることができるなど、デザインをする人のさじ加減でいくらでもユニークなものを作り出すことができます。特に費用面に関するこだわりがないという場合には、フルオーダーで発注をし、デザインなどにこだわるのも1つです。